栽培場所、日当たり、日射時間、
  雨のかかり具合(雨の有無)、湿度、温度
 
地植えの場合は水はけがよく、日当たりの良い畑を選びましょう。また、雨が除けられる工夫をしないと病気になったり、せっかくできたトマトが割れてしまったりすることがあります。

鉢植えの場合は風通し、日当たりが良い所で栽培し、雨の時には軒先などに移動し、雨がかからないようにしてやることが成功の秘訣です。

温度についてはなるべく低温でじっくりゆっくりと育ててやることがポイントですが、氷点下になるとトマトは凍死してしまいます。また、6度以下の低温に長時間遭遇すると、上の方の段で咲く花に異常が出てくることもあるので、なるべく6度以上で育てましょう。

*閉じる*