病害虫について
トマトによくつく害虫としては、アブラムシ、ダニ、コナジラミ、マメハモグリバエ、ヨトウムシ等がいます。この中でもアブラムシはウイルス病を媒介するものがいるので見つけたら手で除去するか、農薬で早めに防除してください。
**  カルシウムが不足するとこんな症状が!  **  
 植物にとってカルシウムは、盛んに成長している部分が一番要求度が高いのです。結球野菜では芯葉の部分、伸長している植物では新葉、新芽などです。
 また、夏場などで温度が上昇し、急に植物が生育したりするときにカルシウムの供給が一時的に間に合わず、トマト栽培では果実の尻ぐされ症が出て、農家ではせっかくの収穫を台無しにしてしまうことがあります。
 これは家庭菜園でも同じように発生するカルシウム欠乏による症状です。トマトの場合、へたの上部(果柄部)の関節がカルシウムの移動を妨げるバリアの構造となっているため、カルシウムが果実にまんべんなくいきわたりにくく幼果の細胞壁が壊れ、尻ぐされ症が発生しがちです。さらに土が乾燥したり、根が傷んだりするとますますカルシウムの吸収がうまくいかなくなり、夏季の高温時には特に障害が多発します。果実のほかには、葉先がカールしたり、ちぢれたり、枯れたりする症状が発生します。この原因は高温で植物の成長速度が急に早くなってしまったのにも関わらず、根から吸収されるカルシウムの移行する速度が遅く、下葉には供給されても、上葉までは供給が追いつかず、欠乏症を起こしてしまうためです。
 カルシウムは細胞分裂を促進し、細胞壁を丈夫にし、その結果、病害虫に強い植物体を作ります。生育期にコンスタントに肥料分として補給されることによって、植物の成長をスムースにし、活性化できる重要な要素なのです。


*閉じる*